蕎麦屋にて

朝刊の佐藤さんの風刺漫画!いつもながら、うまい!
カケとモリに出前かぁ!なるほどねぇ。
阿部さんて何でもオリンピックの為にと言ってるような?
久し振りにまとまった雨、桃畑の緑が眩しい。我が家のペケ太郎も気持ちよさそうに朝寝している。卓上の花瓶には薔薇が香ってる。
あんたは世界で二番目位に幸せな猫だよ、私もね。
生きていればそういう朝もあります・・・


[PR]
# by jwalk-suki | 2017-05-27 10:57 | 備忘録 | Trackback | Comments(0)

筍が不作

筍の時期も終わり。今年は不作の年か?
いつもなら、食べ過ぎて顔に吹き出物が出る位なのに、サッパリ到来物がなかった。
しかし戴くもの、と決めているのも、さもしい根性だね。買えば済むのに。
Sさんから筍稲荷寿司、Kちゃんから筍ご飯を戴いたので充分でしょ。
大体あんた、大鍋でお湯も沸かせなくなったのに・・・"(-""-)"
掘り立ての筍をすぐさま、皮付きのまま糠と鷹の爪を入れて湯がき,山椒入りの酢味噌で和えたの、
新若布とさっと煮て、ちょいと木の芽を乗せたの、柔らかな姫皮の千切を胡麻酢で和えたの等々、
これらを知ってしまった身としてはかなりガックリです。

[PR]
# by jwalk-suki | 2017-05-24 15:21 | 備忘録 | Trackback | Comments(0)

炊飯器でローストビーフ出来た

難病の春の会に出かけた。顧問の先生が、体調不良で欠席!心配です(*_*;
Fさんのマジックとお話し。すぐ目の前で見るカードマジックは新鮮な驚き。
最初の印象はやせてるな〜手が大きいな〜でした。
そしたら彼は<マルファン症候群>という難病との事。初めて知った!
28歳の彼が如何にして病気と向き合いながら、マジシャンの道を歩んでいるか理解できた講演会でした。
病なんぞ個性の一つである、というスタンスを感じました。
応援したくなるほど好青年です(^_-)-☆
Hさんが大きな肉の塊を持参して、(簡単だから作るべし)と言い置いて帰った。彼女は何時も突然やって来るサンタさんのようだ。
ローストビーフなんてもうしばらく作ってない.出来合いを買っていた。
彼女が教えてくれたレシピ通りに作ったら、これがしっとりジュウシィでメチャウマウマー
炊飯器で作るローストビーフ、お試しあれ。クックパッドに載ってます。


[PR]
# by jwalk-suki | 2017-05-22 12:00 | 脊髄小脳変性症 | Trackback | Comments(2)

赤飯、爪切り、軽井沢ドッレシング

三題噺みたいだが意味はない(-_-;)
Cさんが朝早くから、おこわを携え来訪。豪華小豆,栗、銀杏入り!
先日は御一緒に、浜名湖へ出かけた。楽しかったね。
弁天島の<魚あら>でランチをしたのだが、小食の彼女は<お子様うな丼>!
量も丁度よく大変美味しかった、と喜んでみえた。
以前よく利用したホテルで一泊、部屋がリニューアルで豪華だった。
次の日、本当は龍潭寺に行きたかったけど、ナオトラブームで混雑しているとかで断念。まっいいか、二度行ってるし。小堀遠州作のお庭が見事です。
真っ直ぐ帰りました。小旅行ならまだ行けそう。お世話様。


[PR]
# by jwalk-suki | 2017-05-14 11:56 | 備忘録 | Trackback | Comments(0)

身体障碍2級

3級から2級に格上げ?
落ち込んだ( 一一)そしたら毎月幾ばくかの手当をくれるという。
私は厚生年金の受給者、満額収めたが、いかんせん薄給だったためか少ない。
うえに介護保険料なんたらかんたらで引かれる。
しかし難病ゆえ医療費が無料の上、出かけて使うことが少ないし,欲しい物もない。
老後破産はさけられそう?人生、前向きで(^^;)


[PR]
# by jwalk-suki | 2017-05-12 17:55 | 脊髄小脳変性症 | Trackback | Comments(2)