カテゴリ:備忘録( 157 )

蕎麦屋にて

朝刊の佐藤さんの風刺漫画!いつもながら、うまい!
カケとモリに出前かぁ!なるほどねぇ。
阿部さんて何でもオリンピックの為にと言ってるような?
久し振りにまとまった雨、桃畑の緑が眩しい。我が家のペケ太郎も気持ちよさそうに朝寝している。卓上の花瓶には薔薇が香ってる。
あんたは世界で二番目位に幸せな猫だよ、私もね。
生きていればそういう朝もあります・・・


[PR]
by jwalk-suki | 2017-05-27 10:57 | 備忘録 | Trackback | Comments(0)

筍が不作

筍の時期も終わり。今年は不作の年か?
いつもなら、食べ過ぎて顔に吹き出物が出る位なのに、サッパリ到来物がなかった。
しかし戴くもの、と決めているのも、さもしい根性だね。買えば済むのに。
Sさんから筍稲荷寿司、Kちゃんから筍ご飯を戴いたので充分でしょ。
大体あんた、大鍋でお湯も沸かせなくなったのに・・・"(-""-)"
掘り立ての筍をすぐさま、皮付きのまま糠と鷹の爪を入れて湯がき,山椒入りの酢味噌で和えたの、
新若布とさっと煮て、ちょいと木の芽を乗せたの、柔らかな姫皮の千切を胡麻酢で和えたの等々、
これらを知ってしまった身としてはかなりガックリです。

[PR]
by jwalk-suki | 2017-05-24 15:21 | 備忘録 | Trackback | Comments(0)

赤飯、爪切り、軽井沢ドッレシング

三題噺みたいだが意味はない(-_-;)
Cさんが朝早くから、おこわを携え来訪。豪華小豆,栗、銀杏入り!
先日は御一緒に、浜名湖へ出かけた。楽しかったね。
弁天島の<魚あら>でランチをしたのだが、小食の彼女は<お子様うな丼>!
量も丁度よく大変美味しかった、と喜んでみえた。
以前よく利用したホテルで一泊、部屋がリニューアルで豪華だった。
次の日、本当は龍潭寺に行きたかったけど、ナオトラブームで混雑しているとかで断念。まっいいか、二度行ってるし。小堀遠州作のお庭が見事です。
真っ直ぐ帰りました。小旅行ならまだ行けそう。お世話様。


[PR]
by jwalk-suki | 2017-05-14 11:56 | 備忘録 | Trackback | Comments(0)

記念日

ジイヤの誕生日と結婚記念日は二日違い。
何時ものレストランで夕飯を食する。
これだけは忘れないのは上々だ。
帰りにオーナーの奥さんが大きな花束をくださる。
今が盛りの紫のジャーマンアイリス!
お母様が栽培されているそう。
今年も来られました。ありがとね<(_ _)>

[PR]
by jwalk-suki | 2017-05-08 10:14 | 備忘録 | Trackback | Comments(2)

人参シリシリ

Kさんが,弘法市で買ってきた野菜をお裾分けしてくれた。
人参は細切りにしてある!
久し振りに、人参シリシリを作った。沖縄料理だ。
これにすると、人参が沢山食べられる。
美味しかった、Kさんいつも有難う。
先日御一緒した、イタリヤンのランチ良かったね~(^^)/
又行きましょうね。

[PR]
by jwalk-suki | 2017-05-05 10:38 | 備忘録 | Trackback | Comments(2)

さよなら、四月

うかうかしている間に四月も最終だ。
余りに多くの問題があるので、処理能力がフリーズした。
傷つけ傷つけられ、いじめイジメられ、死なないでここまで来た。
人生の最後には老いと病が待ち受けていた。
それでも生まれてきて良かった、頑張って生きてきて良かった、
そう思えるようになった今の私が大好き,かもしれない???


[PR]
by jwalk-suki | 2017-04-24 09:48 | 備忘録 | Trackback | Comments(0)

花に嵐

足踏み状態だった桜が満開になったら連日の雨。
桃、雪柳、レンギョウも狂ったように咲いている。
私が部屋から眺められるようにと、ジイヤがパンジーも植えてくれた。
あんたは仏か?(-_-;)
居間からの眺めは極楽浄土もかくあるか?という風情。
西行さんの=ねがはくば花の下にて春死なむその如月の望月のころ=
しみじみとこのうたを実感出来ます。もったいなや~(^^)/

[PR]
by jwalk-suki | 2017-04-09 13:26 | 備忘録 | Trackback | Comments(2)

雛の節句

晴れたが風が吹いている。
夕飯はちらし寿司にする予定。いまは混ぜるだけで出来る簡単なのが有る。
玄関に可愛いステンドグラス製と陶器製のお雛様を飾ってある。
花瓶の花桃が満開だ。私には小さな全世界?
昨年の秋に、実家の神事で行った神社にアベアキエさんの写真が掛けられていた。少し前に訪問したようだ。
こんな<(_ _)>場末の小さなお宮さんにみえたのか!と驚いた。
彼女の興味は何だったのか?
この神社の境内には、葉がねじねじになった珍しい松の木が生えていた。
縁起物というので、私も一本拾ってきた。
[PR]
by jwalk-suki | 2017-03-03 10:31 | 備忘録 | Trackback | Comments(0)

極妻の老後

太く短い人生を選んだはずの極道。
高額の生命保険を掛けていたが思わず長生き。
年金も税金も払ってこなかった。
資格を取り、ヘルパーになったりもしたが、私の年金より高額の生活保護を受けてる。
腑に落ちないが、働き蜂でも四割は働いていないらしいから、これはもう神の領分?
種の保存なのか?と諦める。
働く働き蜂だった私は老いて病み、楽しみといえば、想像の翼を広げること。
何十億光年彼方の銀河系に、私そっくりの人がいる?らしいです。ワクワク。
[PR]
by jwalk-suki | 2017-02-25 09:27 | 備忘録 | Trackback | Comments(0)

昭和57年

姪の結婚式のビデオテープ!をディスクにして持って来てくれた。
懐かしい~~~もう居ない人が一杯。
昔の人って芸達者が多いね。謡曲、民謡からカラオケまで、若かりしジイヤも詩吟を一曲詠ってる~
幼い可愛らしい子供達の姿。
列席者の御婦人は和服姿が多いです。今よりゆっくり喋ってる。
月日の流れを感じさせてくれました。
[PR]
by jwalk-suki | 2017-02-19 11:49 | 備忘録 | Trackback | Comments(2)